Centifolia(ケンティフォリア)

ケンティフォリアローズは、ケンティフォリア(100枚の花弁あるいは葉)という系統名のごとく、
花弁数が多くカップ咲きの花容がたいへん優美な系統です。
自然交雑種が起源と考えられ、16世紀頃からオランダで改良、18世紀頃に系統として確立されました。
まさにオールドローズといえるようなクラシックでエレガントな花は、
現代でも多くのバラ愛好家の心をとらえてやみません。
またマリー・アントワネットの肖像画に代表されるように、
18世紀頃の絵画にも多く描かれたことでも知られ、
バラの歴史上でもその普遍的な美しさを高く評価されている系統といえるでしょう。
花弁の多さ、花容の美しさとともに濃厚なダマスク香も魅力的な一季咲きの系統です。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

3